バンフ
カナディアン・ロッキー
★カナディアン・ロッキーの湖
BACK
★コロンビア大氷原(ジャスパー国立公園)
★その他の自然
 碁盤の目状に広がるバンクーバー
バンクーバーからカルガリーまで飛行機で約1.5時間。
 曲線的な街並のカルガリー
カルガリー空港からバンフまで車で約2時間。
  聖ポール教会
バンフの中心にあり、よく結婚式が行われる。

(いいなぁ♪ こんなところで結婚式だなんて・・・
  バンフ・スプリングス・ホテル  
ヨーロッパの古城を思わせる素敵なホテル。
(次回はこんなホテルに泊まってみたいなぁ!)
  ルイーズ湖(バンフ国立公園)
ロッキーの宝石と呼ばれ、ビクトリア山と氷河が鏡のような
湖に彩りを添える。氷河から解け出した水が湖に流れ込む。

  ペイト湖(バンフ国立公園)
氷河から流れ出た水が岩を削って湖に流れ込み、水中の不純物を
隠すので美しい青色となる。季節や時間帯によって青色が変化する
ことで知られる。
  モレイン湖(バンフ国立公園)
周囲にはテンピークスと呼ばれる高い山々がそびえている。
モレインとは「氷河によって運ばれた堆積物」の意味。
(雨が降り出し、空の青が見られなかったのが残念!)
  エメラルド湖(ヨーホー国立公園)
ヨーホー国立公園の中で一番美しい湖。のどかな雰囲気が漂う
(湖畔でベンチに座り、食べた昼食の美味しかったこと♪)
  トゥー ジャック レイク(バンフ国立公園)
観光バスが通り過ぎてしまうような湖も、その美しさは他の湖と
比べて、少しも見劣りしない。

(この湖はお世話になったガイドさんのお気に入りの場所)
  キャッスル山(バンフ国立公園)
茶色の岩肌のヨーロッパの城のような、ロッキーを代表する山。
ボー川も湖と同じ青い色をしている。
  コロンビア大氷原のアサバスカ氷河
雪上車に乗って氷河の上まで移動し、そこで散策できる。
 コロンビア大氷原からは、大きく分けて6つの氷河が流れ出している。
ハイウエイから見えるアサバスカ氷河のことを一般にコロンビア氷河
と呼ぶ。コロンビア大氷原全体の大きさは325kuで、北極圏外では
北半球最大。6つの中で3番目に大きいアサバスカ氷河は長さ6.5km、
幅1km以上、厚さ30〜365メートルとされている。
 温暖化のため氷河は解けてきている。
  雪上車(スノーコーチ)
乗客の安全を考慮して、特殊タイヤを装備した6輪駆動の
バス型雪上車で、氷河の観光には欠かせない
  アサバスカ氷河
寒い上にツルツル滑って大変な氷河散策。アサバスカ氷河の先端は年約15m
ずつ移動しているといわれるが、地球の温暖化が進んでいる現在は、進行よりも
解けるほうが多い。
(持参した携帯カイロが大活躍)
氷河の様子を描いたキルト
 ナチュラル・ブリッジ(ヨーホー国立公園)
キッキング・ホース川が造り上げた石灰岩で出来た
自然の橋。
  タカカウ滝 (ヨーホー国立公園)
ヨーホー川沿いにある。400m近い落差があり、
イアガラの滝よりも落差が大きいことで有名。
  クロウフット氷河(バンフ国立公園)
カラスの足と名付けられた氷河。昔、道路工事の人たちが
3本流れている氷河を見て、丁度カラスの足に似ているところ
から付けた。現在は下の1本が消失.。
 バンフ国立公園にあるカナディアン・ロッキーは観光の中心地。この町の歴史は、1883年に3人の鉄道工夫達が
温泉地を発見し、小さい湯治場を造ったことに始まる。ボウ川の南側をリゾートエリア、北側を庶民が暮らす為の
ダウンタウンに区分した。
 ダウンタウンの通りの名前は動物の名前が多く、自然や動物達と密接な関係のある町である。
  バーミリオン湖(バンフ国立公園)
バンフの町を代表するランドル山を、湖越しに望むことが出来る。
バーミリオン湖の数ヵ所から温泉が湧いている為、マイナス30℃
の極寒の冬でも凍結しない場所がある。
  ボウ湖(バンフ国立公園)
ボウ湖はボウ氷河の解けた水が流れ込んで出来た湖。赤い屋根の
ロッジが建つ湖畔は絶好のピクニックエリアとなっている。
  カフェテリア
バイキングスタイルによる昼食。日本人向けの御飯も用意されていた。
(御飯は粘りっけがなくていまいち。。後ろにそびえる山々が見事!)
★ロッキーの動物・花
  ビッグホーンシープ(オオツノヒツジ)
エルクと並び、ロッキーを代表する動物。成長した雄は太く巻いた
角を持ち、雌や子供にも短い角がある。群を作って生活する。
(車の中から撮影)
黄色いケシ
ファイアー・ウィード(ヤナギラン)
(信州でよく見るヤナギランに出会えるとは・・・)
  エルク(オオシカ)
雄の角は成長すると約2mにもなる。秋には1頭の雄が
複数の雌を従え、ハーレムを形成する。
(偶然、トゥ ジャック レイクの畔で出会ってラッキー!)
???
 時期的には少し観光シーズンを過ぎていたようですが、何とか天候にも恵まれ
素晴らしい景色を楽しむことが出来ました。ただ高山植物は盛りを過ぎ、僅かに
残った花しか見れず、残念でした。
(8/30〜9/1)