ゴールデンウィーク(2006)の花たち
室生寺シャクナゲ
 太古の火山活動により出来た室生の地は山と渓谷に囲まれ
昔から聖地と仰がれた。奈良時代の末期に、
山部親王 (後の
桓武天皇)の病気平癒の祈願が興福寺の高僧達によって行わ
れ、効果があったことから勅命により、国家の為に創建された
のが室生寺である。女人禁制の高野山に対し、女性の参拝を
受け入れてきたことから、「女人高野」の名がある。
 室生川にかかる赤い欄干の太鼓橋を渡ると、薄紅色のシャク
ナゲが出迎えてくれる。

唐招提寺瓊花
ケイカ
 唐招提寺は759年、唐の高僧鑑真和上によって創建された。
鑑真和上は聖武天皇の招きで来朝することになったが、5回に
及ぶ航海に失敗したにもかかわらず初志を貫き、奈良の都に
着いた時は両眼を失明していた。
 エンタシスの列柱で有名な金堂は、現2000年から10年
計画の解体修理中で、
覆い屋根がかけられていて、見ることが
出来ない。
 幾度となく盛衰変遷があったが、国宝17件、重要文化財200
件余りを擁する唐招提寺は天平文化の宝庫である

 
中国から国外持ち出しが禁じられているという「瓊花(けいか)」
の花は唐招提寺と皇居にのみ咲くという珍しい花。鑑真和上の
ふるさとの名花である。スイカズラ科の白い花でガクアジサイに
よく似ている。

長谷寺のボタン
 長谷寺のある長谷の里は三方を山で囲まれ、初瀬(はせ)川
沿いに門前町が長く延びている。686年、道明上人が天武天皇
の為に「銅版法華説相図」を初瀬山西の岡に安置、727年徳道
上人が十一面観音を安置し、観音信仰の寺になった。
 仁王門を入ると長い登廊が山腹の本道へ通じ、その両側には
絢爛と咲くボタンの花絵巻が続く。天井からは長谷型灯籠がぶら
下がって風情がある。ボタンだけでなく、桜、シャクナゲ、アジサイ
も多い花の寺である。
BACK
スライドショー
スライドショー
スライドショー
●説明には各お寺のパンフレットを参考にしました