「ハロウィーン」はキリスト教の万聖節の前夜祭で、古代ケルトが起源だそうです。
秋の収穫を祝い、悪霊を追い出す祭りで、10月31日に行われます
 この夜は死者の霊が家族を訪ねたり、精霊や魔女が出てくると信じられていて、
これらから身を守る為に仮面を被り、魔除けの焚火を焚いたとか。カボチャをくり抜いて
作ったジャック・オ・ランタン(カボチャ提灯)も、悪霊を追い払うためのものでした。
 魔女やお化けに仮装した子供達が「Trick or Treat」(お菓子をくれなきゃ、いたずら
するぞ)と決まり文句を唱えて近くの家を1軒ずつ訪ね、菓子をもらったりするそうです。
 ハロウィーンは今まで日本ではあまりなじみが無かったようですが、最近は各地で
イベントが行われ、ハロウィーンを楽しむ人が増えました。カボチャ好きの私は、オレ
ンジ色のカボチャが飾られると何だかウキウキしてきます♪ カボチャ提灯は今では
すっかりハロウィーンを象徴するキャラクターになっているようです。
 カボチャにガーベラ、キク、トウガラシを添え、秋らしくまとめました。ハロウィーンの
雰囲気が出ているといいのですが・・・カボチャは手作りです。念の為 
                                         (2004.10.23)
BACK
ハロウィーン