アジサイ(2006)
☆般若寺のアジサイ
 コスモス寺として知られる般若寺は、いつ訪れても
何らかの花が咲いている。
 歴史は古く、飛鳥時代に高句麗僧慧灌(えかん)に
より開創、746年、聖武天皇が卒塔婆を建立し鬼門
鎮護の定額寺に定められた。 源平の争乱で伽藍の
多くを失ったが、楼門(国宝・鎌倉時代)、宋 の石工
伊行末(いぎょうまつ) によるわが国最大級の十三重
石塔(重文・鎌倉時代)、二基の笠塔婆(重文・鎌倉
時代)、本尊文殊菩薩騎獅像(重文・鎌倉時代)など
が有名。
 境内には西国三十三所観音石像が並んでいる。              
スライドショー
☆岩船寺のアジサイ
BACK
スライドショー
楼門(国宝・鎌倉時代)
  岩船寺は729年、聖武天皇の勅願によって行基が
建立したのが始まりと伝えられる。813年嵯峨天皇が
皇子(後の仁明天皇) 誕生に感謝されて堂塔伽藍が
整備され、岩船寺となる。最盛時には三十九の坊舎が
あり栄えたが、1221年の承久の変で大半が焼失した。
 その後江戸時代の本堂が老朽化し、1988年再建さ
れた。三重塔は834〜847年に 仁明天皇が建立され
たと伝えられている。
 岩船寺付近には多くの石仏が見られる。
三重塔(重文・鎌倉時代〜室町時代)
平成15年大修理完了
説明には、それぞれのパンフレットを参考に
させて頂きました。
(京都府相楽郡加茂町大字岩船上ノ門43番地)
(奈良市般若寺町221番地)