秋の七草
ハギ
日本各地の山野でごくふつうに見られるマメ科の植物、ハギといえばヤマハギを指す。
その他ミヤギノハギ・マルバハギ・イヌハギ・ネコハギ・シロハギなどがある。花は蝶の
形をしている。

ススキ
昔から親しまれ、歌や俳句にもよく登場し、お月見には欠かせない秋を代表する草花。
花は黄色で目立たないが、花の後に白い毛が伸びて穂全体が銀色になり、脇役では
あるが、それだけで十分存在感がある。
クズ
日当たりのよい場所に生えるマメ科・多年草のつる植物で、非情に繁殖力が強い。
根には上質のデンプンが含まれ、葛根(かっこん)と呼ばれて薬用・食用に使われてきた。
花はブドウの房のような形で香りがいい。
カワラナデシコ
万葉の昔から知られていた花で、「万葉集」「枕草子」「源氏物語」などにも取り上げられて
いる。各地の山野に自生し、夏から秋にかけて優雅な淡紅色の花を咲かせる。白もある。
オミナエシ 
古くから観賞用薬草に用いられ、「万葉集」「古今和歌集」「枕草子」「徒然草」「源氏物語」など
日本の古典文学に取り上げられている。デリケートな姿から女郎花と書く。

フジバカマ
奈良時代に薬草として中国から渡来したものが野生化。香りがいいので、中国では匂袋に入れ
たり、日本でも侍が兜の中に炊き込めたりした。日本の家の欄間は、フジバカマの香りを隣りの
部屋に漂わせるように作られたと言われる。
キキョウ
日当たりのよい山野で、8〜9月青紫の美しい花を咲かせる。紙風船のようなつぼみもかわいい。
気品があり、何かを語りかけるような花は、古くから日本人に愛された。古名はアサガオ、キッコウ
オカトトキなど。
画像をクリックすると大きい画像が表示されます。
BACK