アオタテハモドキ
 タテハチョウ科で、東南アジア原産。日本では南西諸島の石垣島や西表島などの八重山諸島に分布。
時々沖縄本島でも観られる。本州・四国・九州でも台風などで運ばれる迷チョウとして採集例がある。 
 独特の目玉模様をもつ小型の美しいチョウで、オスとメスで模様が異なる。海岸近くの明るい草地や
田畑の周辺に多く、森林には観られない。ランタナ・キツネノマゴなどの花にくる。
食草はキツネノマゴ・キンギョソウなど。
BACK
オス
メス
 やっと憧れのチョウ「アオタテハモドキ」が完成しました(^o^)v チョウとチョウに上手く
合った花を作るのは根気のいる作業でしたが、久し振りの大作(?_?)に満足です。 
 黄色い花は名前は分かりませんが、信州に行った時咲いていた花です。ピンクの花は
「フウロ」、白い花は「ゴゼンタチバナ」です。どれもほっとさせてくれる可憐な花たちです。

 
チョウの額