冬のシカたち
BACK
 国の天然記念物に指定されている奈良公園のシカ、その愛らしさは
見る者の心を和ませてくれます。現在約1100頭余りのシカが生息して
いるそうですが、年間死亡数は約300頭にもおよびます。その原因は
交通事故や観光客が捨てる石油製品ゴミを食べることによる死亡です。
 古事記や日本書紀などにも見出すことができ、1000年以上も昔から
神様のお使いとして大切に保護されてきたかわいい「奈良のシカ」達を
しっかりと守っていくことが、私達の使命だと改めて感じている昨今です。
シカにもタテガミが?しかも重そう!オスジカには発情期
にだけ首の周囲にタテガミ状の毛が伸びるらしい。
冬場は観光客も少なく、お腹が空いて
カシの葉をねらっているシカ
ディアーラインで下枝がないカシの葉に
飛びついたシカ
ディアーラインとは

 奈良公園の巨木はシカが好物の樹木の葉や皮を食べないように、1.9mの高さに下枝が刈り取られ
幹には金網が巻かれている。又 下草はシカが食べる為見通しがいい。これを「ディアーライン」という。
   シカの好物・・・シバ、ススキ、シダ(一部)、コケ(一部)、ドングリ(イチイガシ、アラカシ
            ウラジロガシなど)
   シカの好まない樹木・・・ナンキンハゼ、イヌガシ、カゴノキ、ナギ、レンゲツツジ、アセビなど。
   シカの好まない下草・・・ウラジロ、ベニシダ、イヌワラビ、ヨウシュヤマゴボウ、ナンバンギセル
                  マムシグサ、ウラシマソウなど。
               
子ジカはお母さんのおっぱいが大好き!
とんどよりこちらの方がいいなぁ!
「今年の山焼きはあまり燃えなかったなぁ!」
「雪が降ってシカたないよ」とお喋りしながら
シカの親子が散歩。バックは山焼きが終わった
若草山
仲良くカシの葉を食べるシカ
★春日大社の大とんど

 飛火野(とびひの)で行われたとんど焼き。
今年は14日が雨で、15日の午前9時から
午後2時まで行われた。
飛火野のシカも見物に・・・
☆正倉院前のシカ
☆シカの親子
☆浮雲園地のシカ
寒いのでシカセンベイも無く、 寝るシカないな!
☆飛火野周辺のシカ
☆石子詰伝説(いしこづめでんせつ)
★石子詰伝説

 春日大社の祭神が、白鹿に乗ってこの地にやってきたという
伝説があり、藤原氏は鹿を崇めた。三作という13才の子供が
誤ってシカを殺してしまい、死んだ鹿とともに、地面に掘った穴
に顔を出して埋める「石子詰」の刑に処せられた。悲しんだ三作
の母は供養の為、モミジを植えた。
 現在は「伝説三作石子詰之旧跡」と記した写真のような石碑が
建っている。

奈良公園にはシカが嫌う馬酔木の木が
多い。寒い中、白い花が・・・
★お粗末でしたm(_ _)m
★夏のシカ

 5月上旬〜6月下旬は、茶褐色の
地色に“鹿の子模様”とも呼ばれる
白斑がある。林の中では敵から身を
守るのに役立つとか。
子供の頃、母方の祖母から、この場所を
通る度に、「奈良のシカさん殺したために
年令(とし)は13石子詰」という話を聞いた。
(2006.1.12&1.15)