御衣黄&奈良八重桜
4/19
4/21
4/24
4/27
4/29
5/5
5/8
BACK
  「いにしへの 奈良の都の 八重桜 けふ九重に 匂ひぬるかな」 と詠まれた「奈良八重桜」、蕾は濃い紅色、花が開くと白に近い
淡紅色そして散り際に又紅色になり、開花後は3日位で散ってしまいます。奈良県・奈良市の花で、奈良公園では一番遅く咲く桜です。
 今年も咲き始める前から追っかけること20日間余り、薄緑の桜「御衣黄」と共に十分楽しませてくれた奈良八重桜に感謝です。
                                                                    (2007.5.10)
☆御衣黄(ぎょいこう)
☆奈良八重桜ならのやえざくら)
やっと咲き始めた御衣黄(鼓阪小学校前) 咲いていても気付かない人も多い
知足院近くの原木と「天然記念物知足院奈良八重桜」と書かれた石碑
付近の様子
☆観察場所
  東大寺「転害門(てがいもん・国宝)」
この付近では御衣黄、奈良八重桜の両方が見られる
 東大寺「知足院(ちそくいん)」
この近くに奈良八重桜の原木がある
(小さい画像をクリックすると、大きい画像が表示されます)
転害門付近(鼓阪小学校前)で咲いた奈良八重桜
紅の筋が見られる花びら  大きさは3.5〜4.5cmほどで、花びらは13枚前後
八重桜との取り合わせ
全体が赤っぽくなった花びら
花びらを食べるシカ
紅色が濃くなった花びら
優しいピンク色の花びら 大きさは2.5〜3.5cmくらいで花びらは30枚前後
上品で可愛い小振りの奈良八重桜、満開の頃
実が付き始めたソメイヨシノ
少し咲き出してきた奈良八重桜
紅色が濃くなって落花寸前
ピンク色に変身した御衣黄
原木
開花した花(5/5)
王朝貴族たちが着ていた服の萌葱色が、この桜の花弁の色に似ているので
御衣黄と付けられたとか・・・緑色の筋がある。
ほとんどが落花した御衣黄
(国の天然記念物