グロリオサ
 ユリ科で、原産はアフリカ・熱帯アジア。
夏、赤で黄色のふちが波打つようなユニークな形の花が咲く。つる性で、葉の先端が
まきひげ状になり、他のものにつかまりながら生長する球根植物である。ラテン語で
「栄光の、見事な」の意味がある。
 別名「百合車」「狐百合」で花言葉は「天分・華麗」など。赤い花の他、黄色や白に
ピンクの覆輪が珍しいグロリオサもある。
BACK
 今まで「グロリオサ」は、クリスマスにピッタリの花だというイメージが強かったのですが
この花を作っていて、1年の始まりを華やかに演出する花だと感じるようになりました。
波打つような花びらと細かいおしべ・めしべが大変でしたが、出来上がってみると作り甲斐
のある花だと満足。存在感充分のグロリオサです。              (2004.1.1)