< z-index : 2; " id="Layer2">                      東大寺では4月8日、釈迦(しゃか)の誕生を祝う「花祭り(仏生会)」が営まれました。
                     桜が満開の境内は多くの参拝者でにぎわい、外国人観光客が多いのが目立ちました。
        法要は、8時から大仏殿で約30人の僧侶らが散花や読経を行い、甘茶を口にし、その後、参拝者らにも甘茶が振る舞われました。 
     大仏殿前に設置した馬酔木や椿で飾った花御堂(はなみどう)の中に安置した銅製の釈迦の誕生仏像に、竹の柄杓で頭から甘茶を注ぎます。
                  4月8日の釈迦誕生時、天から甘露(かんろ)の雨が降ったとされる伝説にちなんで行われます。
                    誕生仏像は、釈迦が生まれると7歩進んで右手を上げて天を指し、左手を垂下して地を指し
                        「天上天下唯我独尊」と唱えたと言われることから、その姿を表したものです。
                 
BACK
満開の桜
きれいに飾られた八角燈籠(国宝)の周囲
賓頭盧尊者像(びんずるそんじゃぞう)
通称びんずるさんといい、 体の悪いところをさすると治るという
八角燈籠火袋羽目板音声菩薩(部分)
外国の観光客が多い
甘茶を頂くことが出来る
盧舎那仏(るしゃなぶつ)坐像(国宝)
銅造・鍍金・像高14.98m・台座高3.05m・顔高14.98m・鼻高0.5m・目長1.02m・耳長2.54m・奈良時代
大人も挑戦!
なぜか蝶が・・・
満開の奈良九重桜
☆説明にはガイドブック「東大寺」(監修・東大寺)を
 参考にしました