奈良のハス
唐招提寺(7月6日)
薬師寺(7月6日)
喜光寺(7月7日)
BACK
元興寺(7月10日)
十輪院(7月1日)
NHKが撮影に来ていて、「日傘を差して歩いて
下さい」という注文に、この道をいそいそと歩い
たのに、どういう訳か放映されず、残念!
き こう じ
じゅうりんいん
がんごうじ
奈良町の一角にあるさりげない寺。
写真を撮ったあとで、「ハスの写真を
撮らないで下さい」の看板に気付き
ました。ゴメンナサイ!これ1枚だけ
です。でもどうしてダメなの?
花托で休憩するツマグロヒョウモン
(♂) 息子が初めてほめてくれた
チョウの写真です。
 唐招提寺とハスとのつながりは、鑑真和上が
青蓮の実を持って来日したことに始まる。以来
数多くのハスが育てられ、見事な花を咲かせて
いる。
 721年、行基により創建。行基は喜光寺の本堂を
参考に東大寺を造営したことから、喜光寺は大仏殿
の「試みの堂」といわれる。
本堂(重文)をバックに咲くハス
白いハスも素敵♪
玄奘三蔵院前に置かれたハス。伽藍の赤い色と
うまく調和してカラフル。三蔵法師様もお喜びの
ことでしょう!
47体の石仏群を慰めるように咲くハス
今年は奈良のハスを見て、「ロウの花」で
ハスを作りました。→
ハス