BACK
ハス
 ハス科の多年生水草で、インド・中国・オーストラリア・南北アメリカ・日本などに分布。
原産地はインドで日本には中国から伝わったといわれている。又、果実の化石の発見
により、地質時代に日本に自生していたという説もある。
 ハスという名前は、万葉名の「ハチス」が「ハス」となったらしい。花びらが散ったあとの
花托が蜂の巣に似ているところから「蜂巣(ハチス)」といわれた。花托の穴には果実が
出来、2000年も経って開花した大賀ハスからも分かるように、果実の種子は寿命が長い。
 ハスには薬効があり、古くからあらゆる部分が利用されている。蓮根の他、葉はお茶に
茎は繊維に、種は食用や薬用に使われる。江戸時代から品種改良が進み、現在多くの
園芸種がある。
 ハスといえば昔から仏様を想像してしまいます。お盆も近いですが、極楽浄土に
咲く花として仏前に飾り、大きい葉に供物を盛るなど、古くから私達の生活と密接な
関係のある花です。元来 ハスはあまり好きではなかったのですが、去年タイで宿
泊したホテルで見事なハスの花を見て、「いいなぁ」と思うようになり、今年 ハスで
有名な奈良のお寺を5ヵ所訪れ、ついに花を作る運びとなりました。
 制作では、花びらが大きく多いこと、葉が大きいことで日数がかかりました。花托は
発泡スチロールをナイフで削って作りました。花びらが散り始めたハスも・・・。
 猛暑の中、あちこちのハスを見に行ったことも、今となっては楽しい思い出です。
お盆には仏前にハスを飾り、ご先祖様を偲んでみたいと思います    (2004.8.5)
奈良のハス