ヒガンバナ
☆仏隆寺のヒガンバナ
 子供の頃、ヒガンバナを持って帰ると、祖母から 「毒があるから、すぐに捨てて手を洗いなさい」
と言われ、ひどくがっかりしたことを覚えている。曼珠沙華とも呼ばれるこの花は、現在では昔ほど
嫌われることがなくなり、いろん場所に飾られている。「赤い花なら曼珠沙華」と歌われ、秋の景色
には無くてはならない花である。
 お彼岸の頃大和路を歩くと、黄色く色付き始めた田の畦道などで、赤いヒガンバナを見ることが
出来るが、いつもお彼岸の頃に咲くのを不思議に思いながら過ごしてきた。
 毒を含むという球根にはデンプンが多いので、昔飢饉の時にはすりおろし、何度もさらして食べた
という。そういう話を聞くと、赤いヒガンバナが畦道に咲くのは、何故か 田を守っているような気が
してならない。
 奈良県宇陀市榛原区赤埴の仏隆寺は、室生寺の
南門に位置し、極寺と末寺の関係にある。850年に
空海の高弟・堅恵(けんね)により創建されたと伝え
られ、大和茶発祥の地といわれる。
 春には、ヤマザクラとエドヒガンの雑種で樹齢900
年のモチヅキザクラが見事に咲き、県指定の天然記
念物となっている。
 秋には、彼岸花が188段の石段の両側を、燃える
ような赤い花で埋め尽くす。
スライドショー
BACK
☆その他のヒガンバナ
唐古・鍵遺跡(奈良)
浜離宮恩賜庭園(東京)
明日香村(奈良)
元興寺(奈良)
般若寺(奈良)
我家
(画像をクリックすると、大きい画像が表示されます)