奈良・新春の火祭り
☆春日大社の大とんど
    
(2007.1.13)
BACK
☆若草山の山焼き&その後
春日荷茶屋の月替わりの季節の一品を
加えた万葉粥。1月は七草粥(*^-^*)
赤々と燃える炎
古いお守りやお札などを燃やして、昨年の無事を感謝し
今年の無病息災をお願いしました。
祝詞をあげる神官さん
まだあどけない顔の子ジカ
 山焼きは、一般的には東大寺と興福寺
春日大社の境界争いから奈良奉行所が
仲裁に入り、関係者立ち会いで山を焼い
たのが起源といわれています。
 又、害虫を焼き払うためとか、春の芽生
えを良くするためとかいう説もありますが
古都奈良の新年を飾る炎の祭典として親
しまれています。
 打ち上げ花火後約33fの山肌が炎に
包まれる情景は見事です♪
今年はよく燃えました!(マウスポインタを置くと、去年の山焼き後の様子が表示されます)
山焼き後の若草山山頂から見た奈良盆地
1月7日が中止で、1月13日に行われた山焼き
翌日、浮雲園地から見た若草山
阪奈道路から見た若草山
真黒に燃えた草。春には新芽が・・・
黙々と草を食べるシカ
お母さんと一緒?
(2007.1.13)
☆山焼き後の山頂
   (2007.1.16)