BACK
ホオズキ
 ナス科の植物で、和名はホオズキのほか、アカカカチやカカチなど。
「古事記」に 八岐大蛇(やまたのおろち)の目の形容にアカカカチの
語が使われているところから、ホオズキは古い植物の一つであったこ
とがうかがえる。
 果実が赤くなると美しいので、江戸時代には七夕の供物にもなった。
 根は咳止め・利尿剤に、果実も薬用や料理に使われている
 ホオズキの実は下の方から大きく赤くなり、白い花がかわいいです。
赤い実の種をとり、口の中で「キュッ、キュッ」と鳴らして遊んだことが
懐かしいです。