本薬師寺跡・ホテイアオイ
 本薬師寺は、680年、天武天皇が皇后(後の持統天皇)の病気平癒を祈念して発願された寺で
文武2(698)年に伽藍はほぼ完成したと伝えられている。養老2(718)年に平城京遷都に伴って
現在の西の京に移築されるが、その後も平安時代中頃まで本薬師寺と呼ばれて存続していた寺
で、白鳳時代の代表的な遺跡である。(橿原市の説明より)
 現在は金堂跡と東西両塔跡に大きな礎石を残すのみである。ホテイアオイは本薬師寺跡南側
に広がる約1.4ヘクタールの休耕田に咲いて、訪れる人をほっとさせている。
BACK
金堂跡に建つ白鳳山医王寺
金堂の15個の礎石
白鳳山医王寺
☆ホテイアオイ
東塔の心礎
赤いのは卵?
稲もすくすく育って・・・
バックの山は大和三山の一つ天の香具山
夕方になると、白っぽくなるホテイアオイ
バックの山は大和三山の一つ畝傍山
休耕田にはハスも植えられている
東塔跡