☆フクジュソウ
 キンポウゲ科の多年草。早春の残雪の中で咲く美しい黄色の花で、昔から正月用の寄せ植えとして
親しまれ、「元日草」とも呼ばれる。野生種は北海道・本州・九州に分布し、早春に開花する。寒さに強く、
日光を受けて開花し、夕方には花を閉じる。自生地は落葉樹林が多く、根が太くて長い。江戸時代から
たくさんの品種がある。

☆ユキワリソウ
 キンポウゲ科の
多年草。中部地方から西日本・九州北部に分布するが、生育場所は限られる。自生地
は落葉樹林が多く節のある丈夫な地下茎から数本の花柄が伸びて先に可憐な花を付ける。花色は白が
多く、赤・紫・緑などがある。つやのある葉は先が3つに分かれ、トランプのクラブに似て「ミスミソウ」とも
呼ばれる。
BACK
 阪神淡路大震災から、もう9年も経つのか・・・と驚いてしまいます。新年早々
奈良でも震度4の地震があり、ドキッとしました。「天災は忘れた頃にやってくる」
決して忘れてはいませんが、「地震が起きたら、どう行動するか」という心の準備
をしっかりとしておかなければと、改めて痛感しました。「備えあれば憂い無し」
です。
 私事ですが、阪神・淡路大震災では芦屋に住む義母が犠牲となりました。甲子
園駅から芦屋まで倒壊した家々の間を歩き、義母に会いに行ったことが忘れら
れません。その時、道端にきれいに咲いた福寿草の植木鉢が転がっていました。
お正月に用意された花だったのでしょう。しばらくは福寿草を見るのも辛く、毎日
テレビから流れてくるニュースに涙が止まらず、苦しい日々を過ごしました。この
時期「ロウの花」と堀内孝雄さんの「音無橋」という曲に助けられ、今も感謝の気
持ちでいっぱいです。                          (2004.1.17)                 
忘れません、1.17を・・・