伊勢・二見浦
            私が生まれ育った奈良には海が無く、小学1年生から中学1年生までは 毎年のように両親と
        伊勢・二見浦へ海水浴に行っていた。確か8月の6.7.8日頃だったように思う。まだ波が穏やかな時期だった。
   今のように特急電車も無い時代で、何回か電車を乗り継ぎ、トロリーバスに乗って二見浦に着くと、 潮の香りがプ〜ンとした。
  旅館と旅館の間から青い海が見え、ザザーっという波の音。「海は広いな 大きいな」と口ずさみながらわくわくしたことを覚えている。
二日間宿泊する旅館の裏がすぐ砂浜で、毎日海に入って父に泳ぎを教わったり、浮輪につかまりプカプカしたり(何故か未だにカナヅチ)
  母は松林の下で日傘をさして父と私が泳ぐのを見たり、岩の間から出てくる小さいカニを取ったり・・・ずい分退屈だったろうと思う。
   その旅館がまだ営業していることが分かり、母を連れての一泊旅行となった。物忘れが進んだ母だが、旅館の名前は覚えていて
        ほっとしたが、以前のように旅館の裏は砂浜ではなく、防波堤となり、遊泳区域もずい分と狭くなっていた。
           ただ松林はそのまま残って、窓から見える風景は昔の名残りを僅かにとどめていた。ヨカッタ!
★★★ 母との思い出作りの旅 ★★★
★1日目 二見浦
BACK
★2日目 ハーブガーデン
メナード青山リゾート
(7/17〜18)