フヨウ(芙蓉)
 アオイ科で、ムクゲ・ブッソウゲ・ワタ・ハイビスカスと同じ仲間で、原産は中国。
日本では関西以西、四国、九州、沖縄に分布する。別名は「モクフヨウ(木芙蓉)」。
白い花が時間が経つとピンクに変わるフヨウを「スイフヨウ(酔芙蓉)」という。1本
のめしべの先端が5つに分かれ、めしべの下のほうにおしべが付いている。
 フヨウは朝咲いて夕方にはしぼんでしまう一日花である。昔は、その皮が和紙の
補助原料とされていたが、花が美しいので、庭や生垣に植えられている。
BACK
 今回はニスを塗らずに仕上げました。素朴な感じに仕上げたかったから
ですが、上手くいったかな?
 あまり好きじゃない木の花を作ったのは、見ていてほっとする花であり
大好きな富士山の美称に使われていたことが分かったからです。旧制
一高寮歌にある「芙蓉の雪の精を取り・・・」の芙蓉は富士山のこと、又
旧富士銀行を中心とした企業グループは芙蓉グループでした。中国では
フヨウの花を楊貴妃にたとえた歌もあるそうです。
 富士山や楊貴妃にたとえられる「フヨウ」はスゴイ! w(☆o◎)w             
                                    (2003.7.23)