天平の甍
 唐招提寺は唐の高僧鑑真和上により759年に創建された。以来千二百有余年、「天平の甍」の呼び名で親しまれて
いる「金堂」(国宝で1998年世界文化遺産登録)は、平安・鎌倉・江戸・明治時代と過去4回の大修理を経て、100年
ぶりに「平成大修理事業」が行われている。今回の修理は創建以来初めての大修理で、現代の建築技術の粋を結集
したものである。2009年秋 金堂平成大修理落慶法要が行われる。
 金堂(国宝)は奈良時代の金堂建築としては現存唯一のものである。寄棟造・単層で、屋根上左右に鴟尾(しび)が
乗る。西側の鴟尾が当初のもので、東側は鎌倉時代のものである。正面の8本の大円柱の放列はギリシャの神殿を
想起させる。堂内には中央に本尊乾漆廬舎那仏、向かって右に薬師如来、左に千手観音の3体の巨像を安置する他
本尊の手前左右に梵天・帝釈天、四隅に四天王を安置する。
BACK
修理前の金堂(1999.5.2)
2000年に建設された素屋根
★鴟尾(しび)
★瓦
天平の鴟尾(左側)と鎌倉の鴟尾(右側)
天平の鴟尾
鎌倉の鴟尾    
製作者名や制作年度が書き込まれている
★隅鬼(金堂の四隅を守る)
この西側の鬼瓦は平成の鬼瓦  
創建当時の隅鬼  這いつくばって撮影
金堂に向かって左側手前にある江戸時代の隅鬼 
美しいカーブを描く屋根  瓦の全体の2割は古い瓦を東面に使われているとか
平瓦
今回取り付けられた平成の鴟尾
ぼろぼろになった創建当時からの天平の鴟尾
★その他
美しく頑丈な木組み
美しいエンタシスの円柱が・・・
金堂の模型
工事中の写真などを展示
            11月4日現場見学会に行ってきました。
    平成の大修理で長い間見られなかった金堂もあと少しで完成です。
今回の現場見学会では 「天平の甍」として親しまれている国宝の屋根に近づける
最後のチャンスということで、見学者も多いでした。目の前に美しいカーブの屋根を
    見ることが出来、歴史の重み、国宝の重みを感じたひと時でした。
この日は87歳の母も行ったのですが、唐招提寺に至る道路は大渋滞で、私だけが
代表で見学してきました。今日11月23日は母の88回目の誕生日です。米寿を祝い
    母の大好きな唐招提寺の 「天平の甍」をUpしたいと思います。
               いつまでも元気で長生きしてね!
                     (2007年 秋)                 
いつまでも渋滞が続く唐招提寺に至る道(秋篠川付近)
米寿を祝って・・・
古い丸瓦 
新しい丸瓦
いらか
東側の鬼瓦は古瓦を使用
説明には唐招提寺のパンフレットなどを参考にさせて頂きました
★現場見学会(2007.11.2〜4)