最古の木製仮面
☆木製仮面
 この仮面は奈良県桜井市の纏向(まきむく)遺跡の素堀りの井戸から出土したそうですが、この井戸は元々発掘
調査地域になく、調査終了後の宅地造成の工事中に偶然見つかったそうです。仮面はアカガシ製で、長さ約26cm
幅約21.5cm。柄を差し込むための穴を口に見立て、盛り上がった鼻には鼻孔もあり、まゆ毛は線刻で表現されて
まゆ毛の周辺に赤い顔料がわずかに付着していたそうです。
 国内最古の3世紀前半の木製仮面、卑弥呼との関係は・・・そして邪馬台国は・・・と果てしなく好奇心は膨らんで
いきます。謎の仮面の出土で考古学が面白くなってきました♪
 10月3日と11月20日に見学しました。11月20日は休館日にもかかわらず「折角 遠方から来て下さったのに申し訳
ないですから」ということで、見学させて頂きました。又 写真撮影も出来ました(*^-^*)
BACK
鼻孔も見られる
真横から見た仮面
☆その他の展示品
(奈良県桜井市立埋蔵文化財センター)
桜井市立埋蔵文化財センターでは桜井市の原始から古代・中世までを各時代ごとに展示、又埴輪・纏向遺跡も
特集して展示している。
纒向遺跡は 奈良県桜井市の三輪山西部のすそ野に広がる3〜4世紀の大規模集落遺跡で、卑弥呼の墓との
説がある箸墓古墳など、3世紀代の最古級の前方後円墳が六つ存在し、邪馬台国の最有力候補地ともされる
埋蔵文化財センターから見た大神神社の大鳥居 
☆箸墓古墳
談山神社の別院として建てられた聖林寺(しょうりんじ)からは、三輪山や3世紀中頃の前方後円墳で
「卑弥呼の墓」という説で有名になった箸墓古墳が見渡せる。
昭和60年の大福遺跡第3次調査で方形周溝墓の中から見つかる
高さ45cm 幅26.7cm 厚み16.7cm  (奈良県指定文化財)
纒向遺跡で、弥生後期〜古墳時代初め(3世紀中ごろ)の溝跡から採取した土から
見つかったベニバナの花粉
聖林寺山門から箸墓古墳遠望
聖林寺山門から三輪山遠望
聖林寺山門
観音堂には有名な十一面観音立像(国宝)が安置されている