寒ボタン
石光寺の
☆スライドショー
            天智天皇の時(670年頃)に、この地に光を放つ三つの大石があるので掘ると、弥勒三尊の石像が現われた。
                    天皇の勅願によって役の小角(えんのおづぬ)が堂宇を建立したと伝えられている。
                        聖武天皇の時(750年頃)、日本の白雪姫といわれる中将姫が
                        蓮糸曼荼羅を織るのに、糸をこの寺の井戸に浸して五色に染め、
              桜の木にかけて乾かしたので、この桜を「糸かけ桜」、井戸を「染の井」、又 この寺を「染寺(
そめでら)」とも言う。
         石光寺は関西花の寺霊場第20番札所で、二上山をバックに咲く冬の寒ボタンやロウバイ、春のボタン・シャクヤクなどは風情がある。
BACK