弥生時代の楼閣
BACK
☆唐古・鍵遺跡(2007.4.30
池の辺に咲くシロバナタンポポ
 平成3年秋、楼閣の描かれた土器が出土した。この土器は弥生時代中期(AD1C)のもので、この土器に描かれていた絵を
もとに復元された。茅葺き屋根、藤蔓製の棟飾り、突上げ窓、一枚板製の扉、刻み梯子などで高さ12.5mで復元されている。
 宗教的な建物とみられ、卑弥呼の住む邪馬台国にもこのような楼閣がそびえていたことが、魏志倭人伝に記されている。
★ 説明には唐古池の辺に立つ説明文を参考にしました。
ヒメオドリコソウ
レンゲソウ
ベニシジミ
モンシロチョウ
三輪山方面を望む
唐古池周辺の桜もすっかり葉桜に・・・
子供の日も間近
卑弥呼が現れても違和感のない風景♪
古代のロマンが感じられる風景(*^-^*)v