秋の 軽 井 沢 (1)
☆浅間山
   今年90歳を迎える母の誕生祝いを、母の好きな軽井沢でやることになり、4世代が知人の別荘に集まることになりました。
  奈良から約8時間かけての道中、高齢の母を気遣いながらの旅となりましたが、東京から駆け付けた孫とひ孫達に疲れも忘れ
何事もなく10日間の軽井沢滞在を終えることが出来ました。お天気がよく、毎日浅間山や紅葉を始めた木々を眺めながら、ゆっくりと
     した日々を送り、奈良の自宅に帰り着きました。でも母にとっては自宅の自分の部屋で過ごす日々が一番なのかも・・・
(浅間山は長野・群馬両県にまたがる世界でも有数の活火山。標高2568mで円錐型をしている)
中軽井沢・千ヶ滝温泉から見た浅間山
追分から見た浅間山
峰の茶屋から見た浅間山
☆新・旧軽井沢
(軽井沢駅の北側一帯・・・旧軽銀座・三笠通り)
BACK
旧軽井沢・森ノ美術館
雲場池
別荘地区にある細長い人工の池で、夏は新緑、秋は紅葉が美しい
パパとママは美術館、リー君は公園で野球
軽井沢会テニスコート
天皇皇后両陛下のロマンスの舞台となったテニスコート
ソフトクリーム、美味しいなぁ!
軽井沢教会
暖かいので飛んできたシータテハ
旧三笠ホテル
明治38年に純西洋風の木造建築として建設され、政財界の著名人達の社交場として
利用され、軽井沢の鹿鳴館とも呼ばれた
雲場池
少し早過ぎた紅葉
☆中軽井沢
(別荘周辺)
(2009.10.9〜10.19)
リビングでくつろぐ母
日毎に赤くなるドウダンツツジ
とってもきれいなカエデ
風邪気味なのにすごい食欲のリー君
反省!
☆星のエリア
(ハルニレテラス・星野温泉トンボの湯・村民食堂)
NEXT
ハルニレテラス
軽井沢の中でも特に身近に感じる自然が残されている「星野エリア」に今年7月に誕生したハルニレテラス
ハルニレの木が100本以上も自生し、そばを流れる湯川の清流を感じながら過ごせるショッピングモール
北原白秋の詩碑
白秋の詩碑には、落葉松林を散策して生まれた白秋の名作
「落葉松」の詩、活字体の全文と自筆の第8節が刻まれている
湯川の流れ
村民食堂
トンボの湯
トンボの湯付近の紅葉
「星のや 軽井沢」付近の紅葉
与謝野鉄幹歌碑
        「一むらのしこ鳥のごとわかき人 
                     明星の湯に遊ぶ初秋」
与謝野晶子歌碑
        「秋風に白くなびけり山ぐにの
                 浅間の王のいただきの髪」
観光客で賑わう旧軽銀座
リスが出てきた庭で「リスく〜ん!」