春日大社のリンゴ
 春日大社に行くことがあり、本殿前の「林檎の庭」に植えられたリンゴの木を見てきました。
「例年になく実を沢山付けた」と新聞・テレビで紹介されたせいか、多くの参拝客で賑わって
いました。
 このリンゴは直径3cmほどの小さな緑色の日本古来の種類で、平安時代末に高倉天皇が
献木したのが始まりだそうですが、戦時中に枯れ、昭和32年に長野県の有志者によって新し
く奉納されたそうです。江戸時代にはリンゴの実り具合でその年の農事を占った記録もあると
か、今年は豊作が期待されているそうです。(2007.7.15)
☆リンゴの木
☆七種寄木(なないろのやどりぎ)
BACK
☆本社大杉(御神木)
春日大社本殿(国宝)
リンゴの庭
風宮神社
本殿と御神木
平安時代から春日大社を見守ってきた春日で一番大きな
御神木
説明には春日大社のパンフレットを
参考にしました
「お味のほうは?」とお聞きしたら「香りはいいけれど、味のほうはちょっと・・・」と
いうことでした