2008年  春日大社万燈籠
 冬から春への季節を分ける節分がやってくると、立春は目前、「福は内、鬼は外」と邪気を払って春を待つ心も弾みます。
春日大社では参道にある約2000基の石燈籠と社殿・回廊にある約1000基の釣燈籠のすべてに火が入り、幻想的な世界
が広がります。平安時代から現在まで絶えることなく燈籠の寄進が続き、明治以降、節分と中元に祈願の火が灯されます。  
釣燈籠は、中に火を入れる事により透かしの模様が闇の中に美しく浮かび上がります。
 今年の節分の日、奈良市内は今冬2度目の積雪となりました。雪が止んだ夜、今年も春日大社の万燈籠の大好きな鹿の
模様やフジ・キクの花などの釣燈籠を眺めながら、寄進した人々はどんな思いをこめて火を灯し続けてきたのだろう・・・と古
に思いを馳せながら、家族の健康を祈ってきました。三脚使用は禁止されている為 画像はぼやけていますが、釣燈籠の
美しさをご覧下さい。 
☆スライドショー
BACK
★説明には春日大社のパンフレット等を
 参考にしました。