ユリ科の多年草。 この早春の美しい花は、古くから多くの人に
好まれ、和歌にも登場します。

   もののふの 八十(やそ)をとめらが くみまがふ 
   寺井の上の 堅香子(かたかご)の花
 (大伴家持

   (たくさんの乙女らが入り乱れて水をくみに来るお寺の井戸の傍らに
   かたかごの花が咲いている。)


「かたかごの花」というのがカタクリの花で、堅香子の花は「傾いた
かご状の花」の意味だそうです。
 3月頃に軟らかい葉を出し、4月に桃紫色の6弁花を咲かせます。
葉は5月中旬になると枯れ落ち、来年の早春まで長い休眠に入りま
す。まだら模様のある葉もきれいです。
カタクリ
BACK
 アゲハチョウ科の日本特産種。早春に姿を見せる小型のチョウで、
春の女神と呼ばれます。黒と黄の縞模様に、赤色の模様が鮮やかで
可憐な美しいチョウです。
 1883年に岐阜県で発見。雑木林の開発などで、食草のカンアオイ類
が減少し、乱獲も原因でギフチョウも年々少なくなっています。成虫は
ヤマザクラ・カタクリ・スミレ・ショウジョウバカマなどの花で吸蜜し、飛び
方は非常に優雅です。
ギフチョウ