氷室神社の献氷祭(2006.5.1)
 元明天皇が平城京へ遷都した710年、吉城川の清流を引き入れて池を作り、厳寒に凍らせて
作った氷を貯蔵する氷室が作られ、そこに氷の神三柱が奉祀された。毎年4月1日から9月30日
まで平城京に献上し、翌年には献氷祭が行われた。これが献氷祭の始まりだが、平安遷都の後
は段々と行われなくなった。
 明治45年復興し、昭和36年から5月1日に実施。現在は氷業者が集まり、夏の暑さを祈り商売
繁盛を願って、海の幸を代表する鯛と川の幸を代表する鯉を凍結した氷柱を1基ずつと、造花の
花氷を神前に供える。
 午後からは神社伝来の舞楽を奉献し、奈良市の名物行事となっている。
BACK
★スライドショー
本殿前
1ヵ月前は満開だったしだれ桜もすっかり
葉桜に・・・
きれいな花氷
神前に供えられた高さ1m、幅60cm、重さ135sの氷柱
野菜や果物などのお供え物
神前にお供物を・・・
厳かに祝詞
奉幣
古式ゆかしい舞が奉納される
(午後からは氷室神社伝来の舞楽を奉献)
説明には「氷室神社由緒」を参考にしました。
神社入口
あちこちに置かれた氷柱