キキョウ
☆元興寺のキキョウ(7月1日)
BACK
☆円成寺のキキョウ(7月16日)
 キキョウ科の多年草。秋の七草の一つで、日当たりのよい山野で、夏 青紫の
美しい花を咲かせる。紙風船のようなつぼみもかわいい。
 気品があり、何かを語りかけるような花は、古くから日本人に愛された。古名は
アサガオ、キッコウオカトトキなど。
 ハンゲショウ
ドクダミ科の植物で、湿地などに多い。暦の上で夏至から
11日目の「半夏生」の頃、房状の小さな花を付けることか
ら、また 1本の茎から伸びた緑の葉が1枚だけ白く変わり
化粧したように見えることから「半化粧」と呼ばれるとか。
 クジャクサボテン 
メキシコ原産のサボテン科の植物で、月下美人にソックリ。
月下美人との違いは、昼に咲くこと。
かえる石の供養(7月7日)
ネジバナとモンキチョウ
ツマグロヒョウモン(♀)
ツマグロヒョウモン(♂)
優しい心遣い♪
大阪城のかえる石
☆奈良町で見かけた花
石仏に寄り添って咲くキキョウ
バックの本堂・禅室(共に国宝)の屋根は
日本最初の瓦で葺かれた行基葺きの屋根
境内の蛙石の説明
去年の秋は2羽いたカモ君
今年は仲間が飛び去って1羽に。
でも元気いっぱい!カモの世界も
色々あるんだね(-_-;)
 円成寺(えんじょうじ)は756年、聖武・孝謙両天皇の勅願で
唐僧虚滝(ころう)和尚の開創と伝えられる、柳生街道を代表
する古刹。
 史実的には1026年、命禅(みょうぜん)上人が十一面観音を
祀られたのが始まりと言われる。1466年、応仁の兵火により
ぽとんどを焼失してしまうが、ほどなく栄弘阿闍梨が再興した。
江戸時代には大寺としてその名が知られた。
 近年、本堂の解体修理・仏像の補修・庭園整備を行い、多宝
塔を再建した。
 円城寺の庭園は浄土式と舟遊式を兼備した寝殿造系庭園で
平安時代の名庭園である。
楼門(室町時代・重文)
1468年再建、入母屋桧皮葺
静かな境内に慎ましやかに咲くキキョウ
 鎮守社 春日堂・白山堂(鎌倉時代・国宝)
全国最古の春日造の社殿
 多宝塔
運慶25歳の作「大日如来坐像
(平安時代・国宝)が本尊
宇賀神本殿(鎌倉時代・重文)
鐘楼
 本堂(阿弥陀堂)(室町時代・重文)
寝殿造と阿弥陀堂建築を融合させた建物
ハスもきれい!
寺の説明にはパンフレットを参考にしました。
がんごうじ
えんじょうじ
奈良市忍辱山町1273
奈良市中院町11