モクレン
BACK
 モクレン科で原産地は中国。日本には薬用として古くに渡来、現在は庭木とし
てよく植えられている。
 春の庭を彩る大きめの花は花弁は6枚、白い花の
ハクモクレンと、外側が
濃紫色、内側が淡紫色の
シモクレがある。シモクレンはモクレンとも言う。
ハクモクレンは葉が出る前に咲き出すが、シモクレンは葉がついた状態で花
が咲く。花言葉は「自然の愛」。
 モクレンの仲間にコブシ、タイサンボク、ホオノキ、オオヤマレンゲなどがある。
 「暑さ寒さも彼岸まで」と言いますが、めっきり春らしくなり、桜の便りも
聞かれるようになってきました。三月は巣立ちの季節、学生生活から離
れて社会に新しい第一歩を踏み出す時期です。 私の息子も六年間の
大学生活を終え、社会人になります。 
 息子の卒業を記念して何か花を・・・と考えた時、入学式のイメージが
強いサクラの花より一足先に咲くハクモクレンを、卒業式をイメージさせ
る花のように感じました。
 紅白のモクレンで新しい旅立ちを祝ってやりたいと思います。 

                               (2004.3.18)