秋の室生寺
                   室生の地は大昔の火山活動により出来た室生火山帯の中心部にあり
                  奈良時代の末期、山部親王(後の桓武天皇)の病気平癒の祈願が興福寺の
             高僧達によって行われたが、効き目があったことから勅命により国家のために創建されたのが
          室生寺である。女人禁制の高野山に対し、女性の参拝を受け入れてきたことから、女人高野の名がある。
                現在は真言宗室生寺派の大本山だが、法相宗・天台宗・真言宗の影響を受けた
            独特の仏教美術が形成され、五重塔をはじめとする建造物や美術は見る人の心を和ませる。
                  又室生川などの流れは竜神の信仰を生み、雨乞いの祈願も行われてきた。
                      四季おりおりのたたずまいは素晴らしく、文学の世界が広がる。
  
☆スライドショー
BACK