〜2006年 夏の思い出・2〜
☆おふさ観音・風鈴まつり
夏の風物詩
 古来より、体力の衰える夏には疫病がはやったと言われ、風鈴を夏に
吊るすことで厄を払うという仏教思想による。境内には2000個を超える
日本各地の風鈴が吊られ、涼しさを運んでくれる。
(奈良県橿原市小房町)
BACK
☆元興寺・地蔵盆
(奈良市中院町)
 世界文化遺産に登録されている元興寺は、藤原京にあった日本最初の仏寺
法興寺(飛鳥寺)が、平城遷都に伴って移転したもの。中世以来、元興寺庶民
信仰は様々な形で広まっていたが、中でも地蔵信仰が最も盛んだった。
 毎年8月23、24日には、家内繁栄と子供達の健やかな成長、そして世界平和
を祈願して地蔵盆万燈供養が行われる。
灯明皿に名前を書き、家内安全・交通安全を祈願(離れているのが我家の灯明皿)
沢山の屋台が出て賑わう境内(24日)
極楽堂(国宝)の中に飾られた有名人の行灯
段々と暗くなって、灯明皿の灯りも幻想的に・・・
浴衣姿の女の子。微笑ましくなる風景です(^-^)
奈良町で出てきた石仏が集められた浮図田をとりまく灯明皿の灯り
禅室では琴の演奏が・・・
若い人の姿も多い
三脚禁止、夜の撮影は難しい!
8月24日
何をお願いしているのだろう?