菅原天満宮のおんだ祭
                     菅原天満宮
           菅家発祥の地にあり、菅家の始祖の天照大神の御子・天穂日命(あめのほひのみこと)と
        野見宿祢命(のみのすくねのみこと)その十七世孫の菅原道真公(すがはらのみちざねこう)を祀る神社。
        天穂日命は天下泰平、国土安泰、五穀豊穣の守護神であり、野見宿祢は土師器や埴輪の製作に従事し
垂仁天皇より土師臣(はじのおみ)の姓を賜った。又当麻蹶速(たいまのけはや)と力くらべをして勝ち、角力の始祖としても知られる。
        菅原道真公は生来聡明で、天皇に重用され 右大臣にまで昇るが、後陰謀により太宰府に左遷された。
        道真の神徳にあやかり学徳成就の祈願のほか文筆に勤しむ人々の信仰は厚い(菅原天満宮略記より)
 
(2009.2.25)
                   おんだ祭
                神輿倉の前で行われる厄除、五穀豊穣、家内安全など、その年の祈願祭で
                宮司さんの祝詞などのあと、翁の面をつけた田主が登場、鍬入れの所作に続き
牛の面を被った子供とのユーモラスな演技に拍手が沸き、おひねりが飛ぶ。更に田主による田ならし、肥えまき、種まき、草とりなど
            狂言形式の農耕神事が行われる。最後は縁起物の松の葉が手渡されたり、まかれたりする。
 
☆スライドショー
BACK