当麻蹶速(たいまのけはや)と力くらべをして勝ち、角力の始祖としても知られる。
菅原道真公は生来聡明で、天皇に重用され 右大臣にまで昇るが、後陰謀により太宰府に左遷された。
道真の神徳にあやかり学徳成就の祈願のほか文筆に勤しむ人々の信仰は厚い。(菅原天満宮略記より)

             おんだ祭り
       神輿倉の前で行われる厄除、五穀豊穣、家内安全など、その年の祈願祭で
  翁の面をつけた田主と牛の面をつけた子供による狂言形式のユーモラスな農耕神事が行われる。
筆 塚
臥 牛
   道真公が丑年、丑の日生まれで、丑の年、丑の日、丑の刻に亡くなられたとか
牛に乗って大宰府に行かれたとか、命が危ない時、白牛に助けられたとかいう故事にちなみ
               臥牛が多く祀られているらしい。
出店も並び、にぎやかな菅原天満宮前
神輿倉の前の、四隅に青竹を立てしめ縄をはった
仮の神田で農耕儀礼が行われる。
厳かにお祓い
翁が出てきて、農耕神事が始まる
鍬を持って出てきた翁
翁と牛の面をつけた子供による農耕。ユーモラスな口上と
しぐさに大笑いで、観客からおひねりが・・・
箱いっぱいになったおひねり
馬鍬(まぐわ・まんが)で田を耕す。
柄振(えぶり)で土を平らにする。
肥料をまく。
豊作を願ってもみをまく。
古い筆を社頭に納め、文筆の神の道真に感謝し、さらなる
上達を願って作られた。3月に「筆まつり」がある。
島原古梅
まかれたもみ
マツ
江戸時代、島原藩主邸にあり、大切に
された古梅を移植した。
☆ 農具名などで間違いがあれば
     お知らせ下さい。
野菜、もち、お神酒、松、もみなどの供物
いただきました(*^-^*)