春日若宮おん祭(12/15〜12/18)
      お渡り式(12月17日)
 春日大社の摂社・若宮神社の「春日若宮おん祭」は、平安時代の末期、大飢饉の時に関白藤原忠通が
五穀豊穣と国民安寧を願って1136年に始めた祭だそうです。祭では古典芸能の数々が奉納され、神事
芸能の神楽や舞楽などは国の重要無形民俗文化財に指定されています。

 「お渡り式」は平安時代から江戸時代までの貴族・武士・巫女などの装束をまとった約千人の時代行列で
正午に県庁前を出発、登大路、JR奈良駅、三条通り、春日大社境内まで約3kmのコースを練り歩きます。
今年のお渡り式は沿道に18万人が集まったそうです。
BACK
いよいよ始まり〜先頭は紅白の幟(のぼり)。
馬もビックリ!大勢の見物人に興奮した馬
細男(せいのお)の一座。細男の舞を演じる。
白い被衣(かずき)をかぶり、風流傘を差しかけられながら
馬で進む巫女。春日大社では巫女をミカンコという。
梅白枝」(うめのずばえ)と「祝御幣」(いわいのごへい)
「十列児」(とおつらのちご)お旅所祭で東遊(あずまあそび)を舞う。
芸能集団の田楽座
馬長児(ばちょうのちご)。山鳥の尾を頂に立てたひで笠をかぶり、背中に
牡丹の造花を負う。


流鏑馬児(やぶさめのちご)。赤の水干に笠(つづらがさ)をかぶり、背に
箙(えびら)を負い重藤(しげとう)の弓を持っている。
五・五メートルほどもある見事な大型の野太刀を先頭に中太刀・小太刀
薙刀(なぎなた)・数槍(かずやり)と続く。
大和士(やまとざむらい)。大和武士の伝統を受け継いでいる。
大名行列
奈良市内の青年達により昭和54年大名行列保存会ができて、「ヒーヨイヤナー」
「ヒーヨイヤマカセー」「エーヤッコラサノサー」の若々しい掛け声が聞かれるように
なった。その後、子供大名行列や郡山藩の行列も出来、お渡りの最後をしめくくる
のにふさわしい行列になった。
馬長児(ばちょうのちご)の従者。五色の短冊をつけた笹竹を持ち、龍の
造り物を頭にいただき、腰に木履を一足吊り下げている。
出店も多く、賑わう興福寺52段の下。
昼食を終えてやってきたら、まだ大名行列の最中でした。沿道は多くの
見物人で埋め尽くされて・・・
 不勉強でただ写真を撮るだけの今年のおん祭見物になりましたが、来年は
行列が春日大社一の鳥居をくぐり、「影向(ようごう)の松」の下での金春一座の
舞い、狂言方の問答、その他珍芸が奉納されるのを観てみたいと思っています。
                                    (2004.12.20)
「十列児」(とおつらのちご)。巻纓冠(けんえいかん)に
桜の造花を挿し、青摺りの袍(わたいれ)を着る。
黒の束帯に藤の造花を冠に挿した騎馬の貴人の「日使」(ひのつかい)。
関白藤原忠通が「おん祭」に向かう途中で病になって、お供にその日の
使いを頼んだ事に由来する。
平安絵巻をみるよう...奈良市長のお顔も・・・。
かわいい子供大名行列
☆三条通りでの大名行列
☆登大路でのお渡り式
シカも見物
「下に〜下に〜」と聞こえてきそう・・・