2005年 春日若宮おん祭
    『主な日程』
12月15日・・・ 大宿所祭(おおしゅくしょさい)(於奈良市もちいどの内大宿所)
17日深夜・・・ 遷幸の儀(せんこうのぎ) 暁際(あかつきさい)(於若宮本殿・お旅所)
17日正午・・・ お渡り式(おわたりしき)(県庁前〜)、松の下式(於−ノ鳥居内影向松)
17日午後2時半・・・お旅所祭(おたびしょさい)(於お旅所)
            還幸の儀(せんこうのぎ)(於お旅所・若宮本殿)
18日・・・ 奉納相撲、後宴能(ごえんのう)(於お旅所)
お旅所祭
           お旅所には正面の一段高い所に若宮神の行宮があり、その前に小高くなった芝舞台がある。
    芝舞台の左・右には太鼓が置かれている。左・右の太鼓が鼕々と打ち鳴らされ、奏楽のうちに神様にお供えが捧げられる。
  続いて宮司が奉幣を捧げ、祝詞の後、日使の奉幣や祝詞があり各種団体の代表、稚児、願主投、大和士などの拝礼が行われる。
このあと神楽が舞われ、東遊(あずまあそび)・田楽・細男(せいのお)・猿楽・舞楽など、午後11時近くまで各種神事芸能が奉納される。

  若宮神の行宮(あんぐう)
すべて松で作られ、三方の土壁には漆喰で三角形の
白い鱗紋様が張り付けられている。
開始前 あったか〜い♪
●今年のおん祭は荒天の為、5年ぶりにお渡り式が中止となり、お旅所祭も時間を早めて行われました。

BACK
☆神楽
  一人舞い「松のいはひ」
中世以来の白拍子舞の伝統を受け継ぐ最も格が高い舞で、巫女の中で
最年長の者が舞う。装束も最も格式あるものを用いる。
☆神事
神様へ様々なものがお供えされる。お米を青黄赤白に染め分けて飾る
「染御供(そめごく)」という珍しいものなどである。
関白の名代の日使は公家装束で、下襲(したがさね)の
後ろを長く引いた裾(きょ)の長さは一丈。
 今年は「松の下式」を楽しみにしていましたが、積雪の為中止となり、残念でした。
「お旅所祭」を知り合いの方のご好意で座って見ることが出来ましたが、寒さのため
神事と神楽のみに。また来年、「松の下式」と共に楽しみたいと思っています。
 説明文は春日若宮おん祭保存会事務局のパンフレットを参考にさせて頂きました。
★ 巫女さんがお神楽を舞うときの装束。模様がそれぞれ違う。左側が一番格の高い装束。
びしょさい
足元に置いて下さった炭。暖かでした♪
神職の退出後、日使(ひのつかい)の奉幣・祝詞などが
ある。忠通公の急病で代役となった日使は、糊や漆を
きかせたバリバリの剛(こわ)装束。冠をかぶって後ろに
纓(えい)をさしてたらしている。
宮司さんの祝詞(のりと)奏上
日使の奉幣
かぐら
正装した巫女により「神のます」「松のいはひ」「宮人」「千歳(せんざい)」の神楽が舞われる。春日大社では巫女のことをみかんこという。
                       春日大社の摂社若宮神社の祭で毎年12月15〜18日に行われる。
                平安末期の保延2年(1136)9月17日関白藤原忠通が五穀豊穣を祈って始めた祭といわれる。
       若宮の神霊を参道脇のお旅所(おたびしょ)に遷し、日中は芸能集団や祭礼に加わる人々の華やかな行列「お渡り式」と、
    若宮の行宮前の芝舞台を中心に演じられる「お旅所祭」の神事芸能は二大ハイライトで国指定の重要無形民俗文化財となっている。