節分万燈籠(2月3日)
 冬から春への季節を分ける節分がやってくると、立春は目前、
「福は内、鬼は外」と邪気を払って春を待つ心も弾みます。
 春日大社では参道にある約2000基の石燈籠と社殿と回廊に
ある約1000基の釣燈籠のすべてに火が入り、幻想的な世界が
広がります。
 平安時代から現在まで絶えることなく燈籠の寄進が続き、明治
以降、節分と中元に祈願の火が灯されます。
BACK
本殿
鹿模様の燈籠
幻想的な世界
祈りを込めて・・・
春日大社の入り口
燈籠の灯りが続く
足元を照らす提灯