ススキ
★曽爾高原(9月29日)
そ に
★若草山山頂(10月6日)
BACK
★高円山(10月6日)
般若寺のコスモス
 奈良奥山ドライブウェイは3つのコースがありますが、今回は若草山山頂から
世界遺産「春日原始林」を縦走し、高円山を下る春日奥山コースをドライブして
ススキを楽しんできました。
若草山(342m)山頂から見た古都奈良。後方は生駒山
若草山は成人式での山焼きでおなじみの山。 芝生に
覆われた三つの丸い丘から出来ているので三笠山とも
いう。古い火山で「三笠山安山岩」という火山岩で出来て
いる。
シカの親子。こんな高い所まで散歩?
 曽爾村は奈良県の東の端に位置し、古事記にも名前が残る人口2500人弱の小さな村。
曽爾高原は標高851mの亀山の山麓の草原で、毎年3月末山焼きが行われ、秋には
どこまでも続く見事なススキ野原を見ることが出来ます。秋が深まると、一面の銀世界に
なるとか、これも是非 見てみたい風景です。
風になびくススキ
一面のススキ
 万葉集によく詠まれた高円山(462m)は桜並木やモミジが多いドライブコース。
柳生街道、滝坂の道には石仏が多く、いいお天気の日には展望所からは大和
三山や二上山も望めます。
 秋の七草の一つとして昔から親しまれたススキ、今年は「ロウの花」でススキを作ったことも
あって、いっそう親しみのある草花になりました。といっても七草の中では一番てこずりました。
この気になる草花がきれいな時期、あちこちのススキを集めてみました。
              
秋の七草
            ススキ・2
ハバヤマボクチ(キク科)
近畿地方以西の本州、四国、九州に分布
する。
 ノダケ(セリ科)
ススキの間で紫色が目立った。シシウドと
よく似ている。(マウスポインタをおくと花の
拡大画像を表示)
ヨウシュヤマゴボウ(ヤマゴボウ科)
北米原産の帰化植物。葉は有毒だが、果実は無毒。
ブドウのような実がかわいい。
高円山中腹から見た奈良市街と生駒山
高円山中腹から見た万葉の景観(Seikoさんよりお借りした3枚の写真をつないでみました)
左から葛城山・二上山・信貴山・生駒山などが望める。
 コスモス寺で有名な般若寺、テレビドラマの影響か(?)訪れる方が例年より
多い気がします(10月6日)
優しいお顔が見る者をほっとさせてくれる石仏
十三重石宝塔(重文)とコスモス
鐘楼とシオン
楼門(国宝)とコスモス