奈良公園の木も色付き始めました。
角切りに関係の無い鹿たちです。
もうすぐ角を切られる運命の雄鹿分かっているのかなぁ?
このチケットを買うのに1時間近く並びました。30年ぶりの見物です。
 鹿苑(ろくえん)角切り場。この中で角切りが行われています。
はちまきにはっぴ姿の勢子(せこ)たちが、角切り場に
入ってきた鹿と追いかけっこ。
勢子たちが、「十字」「だんぴ」などを使い、走り回る鹿の角に
縄をかけます。カーボーイみたい!
縄を引っ張って手繰り寄せます。人と鹿の綱引きのよう・・・
鹿も観念したようです。
勢子たちが鹿を角を切る場所まで運んでいきます。
女性の姿も・・・
烏帽子、直垂姿の神官が、鹿の気を静めるため水を含ませ、のこぎりで
角を切ります。
こんなのこぎりで切ります。右下は切り取った角。
無事2本の角が切られました。切り取った角は神前に供えられます。
「かわいそうに・・・」と思いますが、人間がつめを切るようなもので、
全然痛くないそうです。ヨカッタ♪
お疲れ様でした。バイバ〜イ(^-^)/~~
 だんぴ
竹を輪に組み、縄を編み込んだ捕獲具で
角にかけて捕獲します。
角が無くなった雄鹿。「頭が軽いなぁ〜」
興福寺五重塔(国宝)
興福寺南円堂(重文)
(10月10日)
 十字
割竹を十字に組み、縄を巻き付けた捕獲具
で、縄が角に掛かるしくみになっています。
 鹿せんべい
原材料は米ぬかと穀類で、砂糖や刺激物は
入っていません。(美味しいものではありません)
まだまだ角切りは続きます。
もうすぐ秋本番!
 もうすぐ秋本番です。天然記念物の
可愛い鹿に会いに、是非、奈良公園に
お越し下さい!
    (2004.10.14)