錦秋の奈良
☆室生寺(宇陀郡室生村)
☆正暦寺奈良市)
☆談山神社(桜井市)
BACK
 室生の地は大昔の火山活動により出来た室生火山帯の中心部にあって
奈良時代の末期、山部親王(後の桓武天皇)の病気平癒の祈願が興福寺
の高僧達によって行われ、効き目があったことから勅命により国家の為に
創建されたのが室生寺である。女人禁制の高野山に対し、女性の参拝を
受け入れてきたことから、「女人高野」の名がある。
 現在は真言宗室生寺派の大本山だが、法相宗・天台宗・真言宗の影響を
受けた独特の仏教美術が形成され、五重塔をはじめとする建造物や美術は
人々を魅了している。又室生川などの流れは竜神の信仰を生み、雨乞いの
祈願も行われてきた。
柿葺き(こけらぶき)の屋根に黄色いモミジが美しい。
赤い欄干の太鼓橋を渡ると、賑やかな土産物店や
旅館から離れて女人高野への入り口に続く。
仁王門前の紅葉は見頃です。
鎧坂と呼ばれる石段を上ると、金堂(平安初期・国宝)が
建つ。
本堂(灌頂堂・鎌倉時代・国宝)
桧皮葺の屋根に草が茂り、何とも言えない風情が
ある。
 五重塔(天平時代・国宝)
高さ16.1mで、屋外に建つ五重塔としては最小。室生寺中最古の
建築。平成10年9月、台風7号で大きい損傷を受けたが、平成12
年10月修復完成。春には五重塔への石段の両側にシャクナゲの
可憐な花が咲き、下から見上げる景色が素晴らしい。
室生川にかかる太鼓橋
シャクナゲの頃の五重塔
       (2005.4)
 992年、一条天皇の勅命を受けて兼俊僧正が創建した。当初は
川の両側に86坊が建ち並び、威容を誇っていたが、1180年平重衡
都焼き打ちで全焼した。その後 1218年興福寺の信円僧正が
法相宗の学問所として再興、再び栄えた。
(11月19日)
古くから「錦の里」と呼ばれてきた正暦寺の紅葉は
素晴らしい。顔まで赤く染まりそうな紅葉のトンネル
が続く。
境内を流れる菩提仙川の清流と気候に恵まれ、
それまでの濁酒から清酒への最初の製法は
ここから始まったと言われる。
境内にはモミジのほか、ナンテンも多い。
菩提仙川からの水蒸気がモミジを
長持ちさせ、一ヶ月もの間 紅葉を
楽しむことが出来る。
見事な紅葉のそばで満足そうな顔の無数の石仏たち。
ほんのり赤く感じるのは紅葉のせい?それとも清酒?
 けまり会で出会った中大兄皇子(後の天智天皇)と中臣鎌足(後の藤原鎌足)が
蘇我入鹿の打倒・日本の将来について語りあったといわれる談い(かたらい)山が
すぐ後ろにあるので談山神社の名が付いたといわれ、藤原鎌足を祀っている。
 鎌足の死後、長男が遺骨の一部を摂津からこの地に改葬し、十三重塔や講堂を
建てて供養、妙楽寺と称した。このように談山神社は最初はお寺であったが、明治
の廃仏毀釈以後に神社となったので、独特の雰囲気がある。
けまりの庭から見た十三重塔。春と秋にけまり祭が
催される。
 十三重塔(室町時代・重文)
藤原鎌足の死後、長男が木造十三重塔を建てて(678年)
供養した。現在のものは1532年に建立されたもの。木造
十三重の塔としては現存わが国唯一の貴重な建造物。
高さは約17m、屋根は伝統的な檜皮葺きで、談山神社の
シンボルとなっている
神社の入り口。樹齢500年の神杉に囲まれた
140段の石段が続く。
モミジの向こうには苔むした石垣が続いて、城跡を
思わせる。
紅葉に包まれた談山神社
朱塗り舞台造りの拝殿(室町時代・重文)とモミジの
二重奏
たんざん
(11月24日)
しょうりゃくじ
(11月24日)
☆寺院・神社の説明には、それぞれのパンフレットを
 参考にさせて頂きました。