東大寺周辺のナンキンハゼとシカ
浮雲園地
★南大門・大仏殿付近
BACK
★大仏池・正倉院周辺
阿形像(あぎょうぞう)
吽形像(うんぎょうぞう
仁王さんにはさまれて・・・
安心しきった顔でお昼寝
後方は若草山
ナンキンハゼの間から見える大仏殿
シカセンベイ目指して急げ!
きれいな赤い葉、でも恐ろしい木なんだよ!シカには・・・
ママ〜、お腹すいたよぉ〜!
ちょっと紅葉が遅い鏡池のほとりのナンキンハゼ
皆さん、お土産沢山買ってね!
今年は大仏池に藻が繁殖して、影の映りがいまいち
この周辺のイチョウは毎年色付きが早い
ピーピーという鳴き声が公園に響く
ナンキンハゼの実
ナンキンハゼの落ち葉
あちこちにナンキンハゼの木が生えて・・・
ナンキンハゼの紅葉
 ナンキンハゼ
 トウダイグサ科で原産地 は中国 。秋の紅葉が美しいので街路樹や庭園樹によく植えられる。
種子は有毒であるが、種子を覆うロウ物質はロウソクや石鹸に使われたらしい。
 奈良公園には昭和初期に植えられたが、シカが食べないのでよく繁茂している。新芽の出る
のは遅いが、紅葉は早い。東大寺周辺にも多く植えられている。

(11月6日)