☆曽爾高原のススキ・その後
 ススキ・2
 9月の終わりに行った奈良県の東部、三重県名張市に隣接する曽爾高原の
ススキのその後が気になり、再び曽爾高原を訪れました。勢いのあったススキ
も穂が垂れて白色に変わり、ススキが一面に生える亀山の麓は光の向きで
金色にも銀色にも見え、、素晴らしい光景でした。
(11月10日)
BACK
☆奈良公園のナンキンハゼ
      (11月8日)
☆曽爾三山(天然記念物)
室生火山群の噴出によって出来た独特の景観で、四季それぞれに美しい表情を
楽しむことが出来る。鎧岳(839.9m)、兜岳(920m)、屏風岩(一ノ峰、936m)の
三山を曽爾三山と言う。
屏風岩
兜岳(左)と鎧岳
☆香落渓(こおちだに)
 ウェディングドレスの韓国の花嫁さん
新婚旅行中のカップルが、ナンキンハゼの絨緞の
上で記念撮影。ヨン様のように優しそうな新郎で
観光客も祝福していた。
青い空に真っ赤なナンキンハゼが映える。
 お亀池
亀山の裾野にある周囲800mの池。土砂が長い年月堆積して、
池のほとんどが湿地化し湿原植物の宝庫となっている。ヨシが
多いが、その他マアザミ・サワヒヨドリ・サワギキョウ。ウメバチソウ
など約50種の草木が咲き乱れるという。
 曽爾高原
標高1,038mの最高峰「倶留尊山(くろそやま)」から標高851mの
「亀山」を結ぶ山麓に広がる高原。
人の姿も隠れてしまう一面のススキに圧倒される。
雪が積もって銀世界のように見えるススキ野原。
あと少しで寒い冬が訪れる曽爾高原。3月末に山焼きが
行われる。
太陽でススキが金色にキラキラ輝く景色はロマンチック♪
その他
曽爾村から三重県名張市に至る青蓮寺川一帯は香落渓と呼ばれる。
柱状節理の岩肌が続き小太郎岩、天狗柱岩、屏風岩などの名前が
けられている。
☆浄瑠璃寺のモミジ
  (11月12日)
 京都府加茂町にある浄瑠璃寺は、小さい山門を入ると苑池(名勝・史跡)を真ん中に
東に三重塔(国宝)、西に本堂(九体阿弥陀堂・国宝)とが向かい合って建っている。
三重塔には薬師如来像(重文)が、本堂には阿弥陀如来像(国宝)が安置されている。
薬師如来像(重文)が安置される三重塔(国宝)
本堂前から見た三重塔
本堂(国宝)。九体の阿弥陀如来像(国宝)が安置されている。
コンギク