☆琵琶湖畔の寒咲き花菜
             (2006.2.12)
菜の花と水仙
BACK
☆灘黒岩水仙郷
       (2006.2.14)
★スライドショー
 滋賀県守山市今浜町の琵琶湖畔にある第1なぎさ公園へ、
地元のお年寄りたちが10年程前から植えておられる菜の花
「カンザキハナナ」を見に行きました。 バックの比良山系の
山々はまだうっすらと雪化粧をし、琵琶湖の波は高くて寒い
日でしたが、足元には満開の菜の花が咲き、春が近いことを
感じることが出来ました。
琵琶湖の葦(ヨシ)
かつて琵琶湖にはヨシの群落がみられ、万葉集にも詠われた
が、湖辺の開発等により大幅に減少し、琵琶湖の生態系にも
影響を与えている。
満開の寒咲き花菜。バックの山々がはっきりと見えず残念!
 瀬戸内海に浮かぶ淡路島、その南部にある標高608mの諭鶴羽山(ゆづるはさん)の
南側45度の斜面約7ヘクタールに、500万本といわれる野生のスイセンが群生していま
す。灘黒岩水仙郷は日本三大群生地の一つに数えられるスイセンの名所です。
 今から180年前、付近の漁民が海岸に漂着した球根を山に植えたのが、次第に繁殖
したものだそうです。
 時折小雨が降るというお天気でしたが、水仙郷と呼ぶに相応しい風景を楽しみました。

★明石海峡大橋
★沼島
神話で有名な国生みの島「おのころ島」といわれる
沼島(ぬしま)。周囲約10kmで勾玉の形をしている。
行き
帰り
 琵琶湖と淡路島、日本地図を広げると大きさも形もよく似ています。琵琶湖が
沈降した分、淡路島が隆起したという説もあるそうです。菜の花と水仙を求め、
琵琶湖と淡路島を訪れました。
1998年(平成10年)春に完成した世界一長い
明石海峡大橋
「ロウの花」スイセン