氷室神社の枝垂桜
春日大社 神苑
BACK
 氷室神社は、奈良時代に春日山の北に氷の貯蔵庫(氷室)が
あり、そこに祀っていた神社を鎌倉時代に現在の東大寺の近く
に移したものだといわれている。毎年5月1日に献氷祭があり、
全国の氷業者が集まって商売繁盛を願い、海の幸の代表鯛と
川の幸の代表鯉を凍結させた高さ約1メートルの氷柱1対と花氷
を奉納する。
 ここで咲く枝垂桜は奈良公園で一番早く咲く桜として有名で、
花びらは鮮やかなピンク色で高さ約10メートル、樹齢約100年。
毎年、市内のソメイヨシノより1週間ほど早く満開になる。

 
大和文華館 枝垂桜
 昭和7年、佐々木信綱らにより我国で最も古い約300種の万葉植物を植栽する植物園と
して開園。出来るだけ自然なままの姿を見せることを目的としている。
 万葉人が万葉集に認めた草・木・花が季節ごとに開花する。又4〜5月には春日大社の
シンボルの藤が咲き、公開されている。白藤は有名。
青空に映えるモモの花
池の上に作られた浮舞台では、奈良時代から
春日大社に伝承されてきた雅楽や数々の神事
が行われる
オオムギ
コムギ
カタクリ
ショウジョウバカマ
ムラサキダイコン
ミツマタ
ツバキ
アミガサユリ(バイモ
満開の枝垂桜
物思いにふける少女、ではなく日向ぼっこする母
「こんにちは!」と言ってくれているような
ラッパスイセン
レンギョウ
滝のような桜
 大和文華館にある枝垂桜は、日本三大桜の一つと言われている 福島県三春町の
三春滝桜の子孫で、昭和57年に三春町から若木の寄贈を受けたもの。他に14本が
敷地内で成育している。
拝殿(舞楽殿)と社殿
狛犬
(2005.4.4)
館内にはあちこちに桜が・・・
(2005.4.4)
(2005.4.5)