吉野山の桜
(2005.4.14)
 花といえば桜を思い浮かべるように、日本人は桜が大好きです。
吉野山は金峰山寺の門前町として開かれ、日本一の桜の名所として知られています。吉野の桜の由来は、日本独自の
宗教修験道の開祖役行者(えんのぎょうじゃ)が、本尊蔵王権現姿をヤマザクラの木で刻み、お祀りしたことに始まると
いわれています。以後、桜は花見のためにではなく、蔵王権現や役行者に対する信仰の証として、信者たちによる献木と
して植え続けられ、現在の吉野となったそうです。又歴史的にも後醍醐天皇の南朝や、義経・静の悲恋の物語などの舞台
としても有名です。
 吉野山の桜は約3万本といわれていますが、由来通り、そのほとんどはシロヤマザクラです。
★中千本の桜
ヤマザクラに混じって咲いていた
ミドリザクラ
吉水神社(重文)
書院造りの傑作といわれる書院には「源義経潜居の間 」
「弁慶思案の間」「豊太閤花見の間」などがある。
弁慶思案の間
銅の鳥居(かねのとりい)(重文)
日本三鳥居のひとつに数えられているもので発心門とも
呼ばれる。東大寺の大仏様を造った残りの銅で造ったと
いわれる高さ7.5メートルの大鳥居。。
仁王門(国宝)と蔵王堂(国宝)
仁王門には阿吽(あうん)の仁王像(金剛力士)が左右に。
吉野山への不審者を見張る。
蔵王堂は東大寺大仏殿につぐ大きさで、室町時代の建築。
吉水神社からみた蔵王堂
寄生したヤドリギ
建武中興六百年記念碑
★吉水神社付近
★金峯山寺蔵王堂付近
黒門
金峯山寺の総門。大変威厳のあるもので、大名でも槍を伏せ
馬を下りて通ったと伝えられている。
★大橋・七曲坂付近
源義経潜居の間
静御前が勝手神社で法楽の舞で
身につけた衣装といわれる。
太閤さんもこんな桜を眺めたのかなぁ?
やわらかい感じのヤマザクラ
ピンクに色付いた山々
後醍醐天皇玉座
BACK
水が流れていない所に架けられた大橋
店先に置かれた花。オウレン?
下千本のすばらしい眺め
幣掛桜(しでかけざくら)
シロヤマザクラの多い吉野山では珍しい品種で、八重咲きと
一重咲きとが混じって咲く。学名御車返し(みくるまかえし)。
神社の名前をとって幣掛桜と呼ばれる。
七曲坂から見たロープウェイ
ムラサキケマン
ムラサキダイコン
 子供の頃、父とよく吉野に行きました。大人になってからは奈良から
離れたこともあって、なかなか行く機会もなかったのですが、最近は
2〜3年おきに桜の季節に行くように・・・。今年もいい時期に行くことが
出来、日本一の桜を楽しみました。
 4月20日は父の命日、子供の頃を思い出しながらまとめてみました。
                                 (2005.4.20)
きんぷせんじ