春日大社のフジ
★拝殿前の砂ずりのフジ
★春日大社神苑
BACK
 春日大社は、藤原氏の氏神であり、藤原氏は高貴な色の藤の花に一門を象徴させた。
そのため、境内には藤が多い。その中でも拝殿前の「砂ずりの藤」と、若宮神社にある
「八つ藤」は有名で、 砂ずりの藤は樹齢600年といわれる古木である。
 朱塗りの社殿にうす紫色の藤はよく似合う。回廊の1000基を超える釣燈籠の間を通り
過ぎる風に藤の花が共に揺れ、ほのかな藤の香りが漂ってくるのは優雅である。
子供の日の神事(拝殿内)
若宮神社前の「八つ藤」
ナギの木に大蛇のように巻きついた藤。
太いつるが八つに分かれているので
この名が付いたと言われる。又、八重
咲きの藤だからという説もある。
浮舞台
5月5日、11月3日には奈良時代からずっと春日大社に
伝承されてきた雅楽の数々が奉納される。
八重のフジとピンクのフジの二重奏
八重のフジ
★その他の花
シャガ
ツルニチニチソウ
シラン
(4月28日・5月3日・5月5日)
春日大社神苑内には、砂ずりの藤や日本古来の藤など約20品種・約200本が
植えられて、たな造りや立ち木造りの回遊式庭園となっている。
釣燈籠とフジ
フジの下で写生
水辺に垂れるフジ
朱塗りの社殿にうす紫色のフジはよく調和する。
砂ずりのフジの根元