うちわまき (5月19日)
唐招提寺の
 唐招提寺
 唐招提寺は759年、唐の高僧鑑真和上によって創建された。
鑑真和上は聖武天皇の招きで来朝することになったが、5回に
及ぶ航海に失敗したにもかかわらず初志を貫き、奈良の都に
着いた時は両眼を失明していた。
 エンタシスの列柱で有名な金堂は、現在2000年から10年
計画の解体修理中で、
覆い屋根がかけられていて、見ることが
出来ない。
 幾度となく盛衰変遷があったが、国宝17件、重要文化財200
件余りを擁する唐招提寺は天平文化の宝庫である。
 うちわまき
 衰退していた寺を鎌倉時代に再興した覚盛(かくじょう)上人の
命日の5月19日に毎年行われる。正式には梵網会(ぼんもうえ)
と呼ばれる法要。不殺生を貫いて蚊も殺さなかった上人に、法華
寺の尼僧達から蚊を追い払ううちわが奉げられたことに由来する。
 19日当日は午後2時から講堂での法要・舞楽が奉納される。
午後4時から二階建ての鼓楼(舎利殿)から、厄除けや安産など
に御利益があるとされる1500本のハート型のうちわ「宝扇」と餅
がまかれる。古都奈良の初夏の風物詩である。
舞楽の奉納
大勢の見物人の後ろから背伸びをして撮った写真(-_-;)
各界から奉納されたうちわ
BACK
鼓楼(国宝)
境内唯一の二階建て建物。舎利殿とも言われ、ここで
うちわまきが行われる
☆唐招提寺境内
全長約43cmで、梵字が書かれているが
意味は(?_?)約8000本のうちわ(宝扇)を
女性職員が一本一本、丁寧に仕上げるとか。
唐招提寺南大門

 松尾芭蕉が鑑真和上を偲んで詠んだ句
 
 「若葉して 御目の雫 拭はばや」

礼堂東室の格子戸がきれい!
正倉院より古い校倉造りの経蔵(国宝)
キショウブがきれいな境内の池
土塀が印象的な境内の道
☆うちわまき
旧開山堂
松尾芭蕉の句碑がある。
遠くまで飛ばしてね!
うちわも残り少なくなって・・・
出家者が正式の僧となるための受戒の儀式を行う
戒壇。建物は幕末に焼失して、3段の石壇のみが
残っている。
左・講堂(国宝)、右・鼓楼(国宝)、正面・礼堂(重文)
いよいよ出番です。キレイ!
「こっち、こっち」と差し出す手・手・手
(うちわまきが始まる前、新緑がきれいな境内を散歩しました)