アジサイ(2005.6〜7)
★久米寺(橿原市久米町)
 推古天皇の勅願によって、聖徳太子の弟・来目皇子が
建立したとされている久米寺は、多宝塔周辺の礎石群や
瓦などが残っており、かつては金堂、観音堂、御影堂、多
宝塔などが建ち並ぶ壮大な寺院だったことがしのばれる。
★矢田寺・金剛山寺(大和郡山市矢田町)
BACK
  久米仙人
 久米寺に長年住む仙人は、吉野の龍門山で修行し
神通力を身につけて空を飛び、聖武天皇の東大寺
建立の際にも貢献。この功績により天皇から賜った
田地を久米寺に寄進した。又、中風などの病をなくす
ことに努めたといわれる。
 「今昔物語」などによると、空を飛んでいた仙人は
吉野川で洗濯していた女性の白いふくらはぎに目を
奪われて神通力を失い、墜落してしまったとか(*^-^*)
 色んなエピソードが残る。
アジサイの花かげに立つ石仏
 味噌なめ地蔵(鎌倉時代後期石仏)
昔味噌をうまく作れない人にお告げがあり、地蔵さんの口に 味噌を
塗った所ところ、美味しい味噌が出来たという。赤いよだれかけが
印象的!
 アジサイ寺とも言われる矢田寺(金剛山寺)は、城下町の大和郡山市の西
矢田丘陵にあり、日本最古の延命地蔵菩薩を安置している。自生のアジサイ
も多く、約60種類・8000株のアジサイが植えられている。
 「矢田のお地蔵様」として信仰を集めてきただけに石仏が多く、矢田寺の
お地蔵様は、そのほとんどが右手に錫杖を持たず高く上げ、親指と人差し指
を丸めて印を結び、左手には宝珠をのせる独特の スタイルで「矢田型地蔵」
と呼ばれている。
★アジサイと生き物
願い事を丸いカワラに書いて、右側の
トンカチのようなもので、粉々に割ると
願い事が叶うらしい。勿論、やりました!
         楽しみ♪
奈良時代の大きい礎石の上に多宝塔が
建ち、アジサイが彩りを添えている。
イワガラミ
ヤマアジサイ(紅)
エンジアンダム
ウズマキ
アバンダンス
アナベル
ナデシコガクアジサイ
ベニガクアジサイ
ベニシジミ
ベニシジミ
ハナアブ
コミスジ
ヘリグロベニハナカミキリ
カメムシ?
カエル
カエル