七月の自然
BACK
セ ミ
☆エゾゼミの羽化
☆アブラゼミの羽化
 世界にセミは約3000種いるといわれており、テイオウゼミのような130mm位の
大きいセミからイワサキクサゼミのように20mm位のセミまでいる。成虫は主に
夏に多いが、ハルゼミのように春に活動するものやチョウセンケナガニイニイの
ように秋から冬に活動するものもいる。幼虫として地下で生活する期間は3〜17
年ほどで、1〜2週間成虫として生き、子孫を残して死んでいく。
 エゾゼミは7月から8月に発生し、山地の松林などでギーギーと鳴く。北海道や
東北地方では平地に住んでいるが、本州中部以西では 標高500〜1000mの
山地に局地的にみられる。
 
☆その他の自然(円成寺にて)
☆奈良公園のサルスベリ
☆ヒマワリ
 子供が昆虫に興味を持った関係で、よく夏休みにセミやチョウの羽化を観察したことがあり、
久しぶりに行った神戸・六甲山でエゾゼミの幼虫を発見し、持ち帰って鉢植えの木に止まらせ
て観察しました。(2005.7.20)
 いかるがの里(斑鳩町)のヒマワリ
法輪寺三重塔をバックに咲く優しい色のヒマワリは
訪れる者をほっとさせてくれる
 いかるがの里のアメリカフヨウ
ヒマワリに負けない位の存在感がある
 いかるがの里の美人
美人を見たい方は、マウスポインタを上において下さい
 鷺池の辺のサルスベリ。バックは浮見堂
 鷺池の畔のサルスベリ。ボートに乗ったり人力車で奈良見物とのどかな風景
 新公会堂付近のサルスベリ。バックに見えるのは大仏殿の屋根
 新公会堂付近のサルスベリ。夏はシカの白い斑点がきれい!
 ネジバナの咲く池の辺を泳ぐカモ
 アメンボウもスーイスイ!
アジサイの葉に止まるクツワムシ
1. 葉につめを打ち込んで落ちないようにする。 しばらくすると背中に
  割れ目ができる。
2. 割れ目から頭・羽・前足・中足・・・が出てくる。残りは腹の先だけ。
  8分ほど休憩。
3. 腹に力を入れて起き上がり、腹の先を抜いてからから完全に離れる。
  同時に羽が少しずつ伸び始める。
4. 約7分後、完全に前羽、後ろ羽も伸びた。羽化を始めて約1時間。
  羽は薄い緑色をしている。
5. 羽と羽の幅が狭くなって、細い体となりエゾゼミらしくなるが、まだ
  色は付かない。
6. 翌朝になると、すっかり色が付いてエゾゼミらしくなっていた。
 アブラゼミは我が家の庭でもよく幼虫の抜け殻が
見つかるので、夜、懐中電灯を持って土から出た
幼虫を見つけ、羽化させたものです。
                       (2005.7.18)
 
                    
あぁ〜、涼しかった!
 円成寺庭園(平安時代)と楼門(重文)
浄土式と舟遊式を兼備したといわれる庭園を前にして静かな
たたずまいを見せる楼門

マウスポインタを置くと成虫が表示されます