リュウゼツラン
BACK
 100年に一度咲くといわれるメキシコ原産の花 「リュウゼツラン」を
見てきました。大学の職員のかたが色々丁寧に説明して下さいました。
Century Plant」とも呼ばれ、大きな花を咲かせたあと枯れてゆく花で
日本では30〜50年で開花するそうです。テキーラというアルコール度
の高いお酒の原料として知られています。
 私が訪れた奈良教育大学では、1999年、2000年、2002年、2003年に
開花したということで過去の花の写真などが展示されていました。今から
40年ほど前に植えられたもので、構内にはまだ多くのアロエを拡大したよ
うな株がありました。来年もこの神秘的な花を見せてくれるかもしれません。
 
奈良教育大学構内にて
     (2005.7.29)
テントを張って、過去の開花写真を展示したり、名前を
記すノートが用意されていた。安全の為ヘルメットを被る。
7m以上のリュウゼツランを見るように
足場を組んでいる。
下を見ると、身のすくむ思い。怖いよぉ〜(>_<)
1999年に咲いたリュウゼツランの枯れた葉。
周りに子孫を残している。
構内にはまだ多くのリュウゼツランが植えられていた。
葉の栄養分が開花に使用
されるので、葉が枯れてくる
と花の咲く前兆とか。
ぐんぐんと空に向かって
伸びる茎
開花した部分とつぼみ。
花は下から咲いていく。
咲き出した花。竜舌蘭という名前は
葉の形が竜の舌に似ているところ
から付けられた。
真ん中からすくっと伸びた茎。来年の夏に
花を付けるかも・・・♪
このページの作成には、奈良教育大学のホームページ
参考にさせていただきました。
画像をクリックすると、大きい画像が表示されます。
展示されていた写真の一部(マウス)